プロフィール

さとやん@

Author:さとやん@
30歳

投資資金は1000万円
将来中国株や副業で増やして
早期リタイアを目指します。

なんてことないFP3級

情報交換しましょう :
kei0a@excite.co.jp

【 資産運用で稼ぐ 】

お勧め証券会社(メインで使ってます)

松井証券 は香港上場の中国株ほぼ全てを売買可能! 初心者でも使いやすく、残高は香港ドル管理のため為替手数料が売買の都度発生せずお得です!詳しくは↓↓↓をクリックしてみて下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛藤(売るか売らまいか)

今日はBYDを29.9で売却しました。

それも本日の最安値付近で売れちゃってました・・・・

長期投資の銘柄でしたが

さすがに上がり過ぎ。

まあこの先どこまで上がるかわかりませんが

葛藤に負けてひとまず利確!!

まあ、たいした金額じゃないけど3倍になったので良しとしましょう。

安くなればまた買うか、

ほかの狙い銘柄が安くなればそっちに全投します。





スポンサーサイト

中国株市場の種類と注目銘柄の探し方

中国にある証券取引所は上海、深セン、香港の3つがあります。

このうち中国本土にあるのが上海と深センで更に「A株」「B株」に分かれます。

ここで、日本人が売買できるのは「B株」と香港証券取引所になります。

売買するときの通貨も異なります。

香港と深センB株は香港ドル建て、上海B株は米ドル建てです。

B株市場は人民元を自由化しないままで外貨を獲得するために

海外投資家向けの市場として1991年に開放されました。

その後、機関投資家にはA株が解放されるなど

規制が緩和されてきているので、

いずれはAとB株市場が統合されるといわれています。

色んな銘柄があり目移りしますが、

まずはどの市場にどんな銘柄があるのか調査してみましょう。

でも中国の企業ってなかなか身近に知る機会はありませんよね。

そういう方は中国株二季報で調べてみてください。

私も毎期購入して研究しています。

銘柄数も400を超えていて、会社概要から決算報告、業績見通しなど情報が豊富です。







中国株のリスク

中国株のリスクのひとつに企業のコンプライアンスがあります。

特に情報開示の信頼性が先進国ほど高くありません。

実際に、株主や投資家に対して嘘の情報が開示されたり、

粉飾決算が発覚するといったことも起こっています。

その他のリスクには政治情勢。

中国は共産党による一党独裁制をとっているため、

政府政策の影響を強く受けます。

政策が発表されて

突如、保有株に逆風が吹いたりすることがあります。

しかし、一党独裁のためにスピーディに意思決定ができるという良い面もあり、

現状の中国の発展には必要不可欠な体制であると感じます。

昨今の景気後退の兆しに先手をうち57兆円の巨額公共投資を決定、

元安誘導による輸出産業の下支え等の政策を見ても無策の日本とは一味違います・・・。

中国株の魅力と資産作り

中国の魅力は挙げていくとキリがありませんが例えば、

・長期的に経済成長を見込める

・約13億人という世界最大の人口→「世界の工場」「世界の消費市場」へ

・ハイテク産業には欠かせないレアメタルが自国に豊富に眠っており、
 一方では儲けた外貨で世界の資源を買い漁るエネルギー戦略

・世界一商売の上手い民族であり、中国人の利己的なまでのバイタリティと
 探究心が支えるあらゆる分野での発展


等等等・・・


中国はいずれアメリカを抜く経済力と軍事力を持つ世界一の超大国になるでしょう。


株の面から見てみても現在はサブプライムローンの影響で

PER10倍以下、配当利回り5%超えの銘柄がごろごろしています。

まだまだ小規模の成長銘柄がこれから頭角を現していく段階であり、

日本でいうと第2のトヨタ自動車、第2のソニーといった会社が出てくることでしょう。

長期投資という前提であれば中国株を始めるには今は絶好のタイミングに思えます。

長期複利の力を利用して資産作りをするには外すわけにはいきませんよね。

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。