プロフィール

さとやん@

Author:さとやん@
30歳

投資資金は1000万円
将来中国株や副業で増やして
早期リタイアを目指します。

なんてことないFP3級

情報交換しましょう :
kei0a@excite.co.jp

【 資産運用で稼ぐ 】

お勧め証券会社(メインで使ってます)

松井証券 は香港上場の中国株ほぼ全てを売買可能! 初心者でも使いやすく、残高は香港ドル管理のため為替手数料が売買の都度発生せずお得です!詳しくは↓↓↓をクリックしてみて下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がっつり儲けたい

今日は電車の中で持ち株について悩んでました。

それは、

100年に1度のチャンスを掴み取るポートフォリオになってるのか?

の自問自答。

なんとなく中途半端な配分にみえる。

これからの成長株に目移りして

あれもこれも手を出す。

5年経ってうまく成長してるのもあれば

そうでない銘柄もあるでしょう。

結局、平均すると中途半端な成果かも。

やっぱり暴落した大型株か市況株をもっと組み入れて

カウンターを狙うほうが良いのでは。


そういう株は、

経済が回復してきて元の売上・利益に戻るだけで

株価は数倍になるのがごろごろするように思う。

カウンターは大きく踏み込んでくればくるほど

当たったときの衝撃は大きい・・・・・

いっちょ、100年に1度のポートフォリオ目指してみます。




スポンサーサイト

ブログリニューアル

ブログの雰囲気変えてみました。

結構飽き性です・・・・

これからもよろしくで~す


中国資源戦略

中国アルミ(2600)が英豪資源大手のリオティントに約1兆7500億円出資するようです。

世界的な経済危機も中国にとってはチャンス、将来への布石に見えますね。

世界の資源・エネルギーに唾をつけて

技術力も着実に進歩させて

この先、日本はどう戦っていくんですかね。。。

やはりどんな投資よりも

中国株投資魅力的に見えてしまいます。

さて、5年後どうなってるでしょう。



医療関連銘柄 銘源医療

今日は銘源医療 を買い増しました。

ここは業績自体順調だし、

利益の半分近くを配当にまわすような気前のいい会社なんですけど

人気がないですね。

生保最大手の中国人寿と組んで将来性もありますが

がん診断用のチップに偏っているため

確かに心配な面もあります。

とはいえ、人口13億の中国ですから

一口に健康診断といっても数が半端じゃないでしょう。

もう少し買い増しながら様子見てみます。

中国の医療分野と医療関連銘柄

今日は久しぶりに買い注文を出していました。

銘柄は医療セクターの羅欣薬業と銘源医療 です。

両方すでに保有しているので買い増しになりますが、

約定していたのは羅欣薬業が4000株でした(小額・・・・)。

別にここの所、値動きしていたわけでもありませんが

買いたい病が疼いただけです。

中国の医療分野にはかなり期待をしています。

医療分野というとディフェンシブのイメージが強いですが、

中国では所得向上、高齢人口の増加や医療技術の発展に伴って

今後の成長性も見込めます。

昨今の不透明な経済状況のポートフォリオとしては

ある程度ウェイトをあげても良いのではないかと思ってます。

医療関連銘柄の本命は山東威高ですが、

安くなればその他の銘柄も買い増しを考えていこうと思います。


フィッシャーの超成長株投資 : 投資に役立つ本

フィリップ・フィッシャーが本書を書いたのは1958年だそうです。

当時、この’フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために’を

ウォーレン・バフェットが読んだところ、

非常に感銘を受けて現在のバフェットの投資に対する考え方の基本になったといわれています。

なんだ、そんな古い本なのかと思われるかもしれませんが、

年号を隠してしまえばつい最近書かれたのではないかと思われるほど

フィッシャーの考え方は先進的で普遍的なものであることがわかります。

もちろん和訳もされていて私も2回読みましたが、今ではバイブルになっています。

この本のすごいところは他の投資本と違って

どの銘柄を、何を基準に、いつ、何銘柄買っていつ売るのかという

みんなが繰り返し悩む疑問にズバリ答えています。

「最高の株を選びだすための15のポイント」といったようにわかりやすく説明してくれています。

一般の投資家が実行することが難しいポイントも中にはありますが、

それでも株を買うときにチェック項目として頭の中に入れておくだけでも

投資成績は長期に渡って大きく上がっていくのではないでしょうか。

なんせ、あのバフェットも取り入れた投資法ですから投資で大金持ちになりたい方は

フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために

は一読の価値はあると思います。



ジムロジャーズ 中国の時代 : 投資に役立つ本

ジムロジャーズは1973年に自ら設立したファンドで

10年間に3365%のリターンを得て大成功した投資家として有名です。

また、1980年代に中国各地をオートバイで旅行し、

その後も世界中を旅した冒険家でもあります。

ジムは「21世紀は中国の時代だ」と言っています。

ジム・ロジャーズ中国の時代は実際に中国の裏の裏や現在まで

成長する過程を実際に自分の目で見続けてきた本人、

それも投資のプロの目で書いたのですから説得力があります。

中国投資の指南書としてアメリカでもベストセラーになりました。

私も日本語バージョンが発売されてすぐに買いましたが

中国投資に対してそれまで以上に期待と自信を持ちました。

この本では具体的に数値の裏づけをもとに

いかに中国がこれから成長するのかを説明しています。

またハイテク・環境・小売・農業・旅行などの色々な分野での

将来有望な成長企業を具体的に公表しています。

最近のサブプライムローンの影響で株価は暴落していますが

弱気になっている方や自分の投資に自信を失いかけている方には

ジム・ロジャーズ中国の時代は必見です。

私も読み直して勇気も出たし、改めて中国に対して強気になれました。




ちんたら相場

風邪を引いてしんどいっす。

その上、今日は飲み会。

しかも、ボンズのコース・・・・ついてないな

帰って香港見てみると上げてますね。


しかし、最近の相場はつまらんすね!

上げていくネタもなければ下げていくネタもないので

低いところで行ったりきたり。

どうせならガツンと下げい。

次こそは目をつぶって落ちてくるナイフを掴んでみせます。

狙いは下げに下げた市況株、鉄鋼か石油か。

中信資源控股とかどうでしょう。

5年寝かせて10倍ならんかな。

そんなことばかり考えながら今日も株中毒。

ベトナム株を購入できる口座開設

本日、売注文を出していたベトナム株のペトロベトナムドリリング(PVD)が

無事約定していました。

81000vndで買って71000vndで売却~。

若干損しちゃいました。

ここからベトナム株第2章です。

ベトナム株のネックの一つに、使いやすい日本の証券会社が無いことがあります。

しかし先日、新興国株に重点を置いているニュース証券から発表がありました。

2月中旬からベトナム個別株のインターネット取引を開始するそうです。

http://www.news-sec.co.jp/files/2009011919172609.pdf


ということで、

今もってるベトナム現地のBSC証券をたたんで

ここで改めてはじめようかと検討しているところです。



ベトナム株もやってます

実はベトナム株もやっとりやす。

でも来週、持ち株をすべて放出しようかと。

せっかく、一昨年に現地証券会社のBSC証券に口座開設の手続きを始めて

4,5ヶ月もかけて口座を作ったんですけどね。。。

持ち株はペトロ・ベトナムドリリングという会社で

油田の掘削をメインにしています。

損をしているわけでもないし、ベトナム株は続けるつもりなのですが

ベトナム現地の証券会社は口座維持管理費が高い!

1年でいくらだっけ。。。一万以上したはず

ということで、

ベトナムから資金を引き上げて

新たにベトナム株第2章のスタートです。


FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。